tel

家の解体工事で必要な手続きと注意点

家の解体工事をする際には、建築物の解体許可申請や産廃処理許可申請などの手続きが必要になります。

また、解体工事には周辺環境に大きな影響を与えるため、注意点についても把握しておくことが大切です。

本記事では、家の解体工事で必要な手続きと注意点について解説します。

建築物の解体許可申請について

申込書

建築物の解体には、解体許可申請が必要になります。

解体許可申請には、市区町村の建築課に申請する必要があります。

申請には、以下の書類が必要になります。

解体工事計画書

解体作業の方法、作業期間、解体物の種類、解体物の量などを記載した書類

解体工事を行う業者の情報

また、建築物の種類や規模によっては、建築基準法の特例が適用される場合があります。

この場合には、別途手続きが必要になるため、市区町村の建築課に確認することが大切です。

産廃処理許可申請について

複数の書類

解体工事で発生する廃棄物は、産廃として適切に処理する必要があります。

産廃処理には、産廃処理業者との契約が必要ですが、産廃処理業者は、許可を受けた業者のみが対応しています。

そのため、産廃処理業者は、許可を受ける必要があります。

産廃処理業者は、自治体の環境保全課に産廃処理許可申請を行う必要があります。

申請には、以下の書類が必要になります。

  • 産業廃棄物処理場の設置及び運営計画書
  • 処理施設の建設計画書
  • 設置場所に関する資料
  • 処理予定の産業廃棄物に関する資料

また、産廃処理に関する法律に基づき、産廃の処理や管理についても細かな規定が定められています。

そのため、産廃処理業者は、厳しい審査を受け、許可を受けた上で業務を行っています。

周辺住民への連絡・説明

説明するスーツの女性

解体工事は、建物の崩壊など、大きな騒音や振動を伴うため、周辺住民にも影響を与えます。

そのため、解体工事を行う前には、近隣住民への連絡・説明が必要です。

特に、周辺住民に建物の崩壊音が大きく響く場合には、作業時間を制限することや、建物の崩壊を小分けに行うことなど、配慮が必要です。

周辺住民とのコミュニケーションをしっかりと取り、トラブルを避けるようにしましょう。

安全管理

メモをとる作業服の男性

解体工事は、危険な作業となるため、安全管理が大切です。

解体工事にあたっては、以下のような対策が必要になります。

作業員の安全確保

安全靴・安全帽・保護メガネ・耳栓などの安全具の着用、高所作業時の安全ベルトの使用など。

範囲の制限

解体現場の近隣道路や歩道、施設などへの影響を考慮して、立入禁止範囲を設定し、警備員を配置する。

予備安全対策

解体作業中に、予期せぬ事故が発生する可能性があるため、事前に安全マットの敷設や、防護柵の設置など、予防的な対策が必要です。

環境への配慮

廃材

解体工事は、環境への影響が大きい作業となります。

そのため、環境への配慮が求められます。

具体的には、以下のようなことが必要になります。

建材の分別・回収

解体現場から出た廃材は、産廃として処理する必要があります。

ただし、金属や木材、プラスチックなど、再利用可能な建材は、分別・回収すること

粉じん・騒音の発生抑制

建物の崩壊や廃材の運搬など、解体工事によっては粉じんや騒音が発生することがあります。

そのため、粉じんや騒音を抑制するために、ビニールシートや騒音防止シートを使用することがあります。

地盤の安定性確保

建物の崩壊によって、周辺地域の地盤に影響を与える可能性があります。

そのため、地盤の安定性を確保するために、特殊な地盤調査や補強工事が必要な場合があります。

以上が、家の解体工事において、重要なポイントとなります。

解体工事を行う際には、これらのポイントを抑えて作業を進め、円滑かつ安全な工事を実現するようにしましょう。

解体工事の費用の決め方

電卓

家の解体工事の費用は、大きく以下の要素によって決まります。

建物の規模

建物の広さや高さなど、規模が大きい場合は、解体工事に必要な人員や機材も多くなるため、費用も高くなります。

解体方法

解体方法によっても費用が異なります。

一般的な方法である「爆破解体」や「重機解体」よりも、手作業による「解体撤去」などの方法は、作業時間がかかるため、費用も高くなります。

現場の立地条件

解体現場のアクセスや周辺環境なども、費用に影響を与えます。

道路状況が悪かったり、周辺住民からの苦情が多かったりする場合は、費用が高くなる傾向があります。

産廃の処理費用

解体現場から出た廃材は、産廃として処理する必要があります。

処理方法や産廃の種類によって、費用が異なります。

以上の要素を踏まえて、解体業者が見積もりを行い、工事費用を決定します。

見積もりを受ける際には、複数の業者から見積もりを取り、比較検討することが大切です。

解体工事の費用を安くする方法

down

家の解体工事は、大きな費用がかかる作業です。

しかし、いくつかの方法を実践することで、費用を抑えることができます。

複数の業者から見積もりを取る

複数の業者から見積もりを取り、価格を比較することで、費用を安くすることができます。

解体撤去や手作業で解体を行う

爆破解体や重機解体よりも、手作業で解体を行ったり、解体撤去で作業時間を短縮することができる場合があります。

解体現場の準備をする

解体工事に伴って現場の周辺道路を封鎖する場合は、周辺住民への事前通知や、必要な許可を取得することで、罰金や追加費用を防ぐことができます。

解体現場の整備を行う

解体現場に草木やごみがある場合は、除草や片付けを行うことで、解体工事に必要な機材や人員の人件費を減らすことができます。

これらの方法を実践することで、費用を抑えることができますが、費用を優先する場合でも、工事の品質や安全性を確保することは重要です。

解体工事の流れ

住宅の解体工事現場

家の解体工事は、大きな工程で進められます。

以下に、一般的な解体工事の流れを示します。

解体計画の立案

解体現場の状況や周辺環境を把握し、解体計画を立案します。

申請手続きの実施

自治体に解体工事の申請を行い、必要な許可を取得します。

現場の整備

解体現場のアクセス道路の封鎖や、周辺住民への通知などの準備を行います。

建物の解体

解体現場に必要な機材や人員を配置し、建物の解体を行います。

廃材の処理

解体現場から出た廃材を適切に分別し、産廃として処理します。

適切な業者選びのポイント

point

最後に、家の解体工事をする際には適切な業者選びが非常に重要です。

以下に、適切な業者を選ぶポイントを紹介します。

適切な資格を持っているか確認する

家の解体工事は、専門的な技術が必要です。

そのため、業者が適切な資格を持っているか確認することが大切です。

建設業許可や解体業者許可などの資格があるか、適切な保険に加入しているか、事前に確認しておきましょう。

経験が豊富かどうか確認する

解体工事は、経験が豊富な業者が適切です。

家の解体工事は、様々なトラブルが起こる可能性があるため、経験が豊富な業者を選ぶことが大切です。

施工実績を確認する

業者の施工実績を確認することで、その業者の信頼性を確認することができます。

施工実績が多い業者は、信頼性が高いと言えます。

評判を確認する

口コミやレビューを確認することで、その業者の評判を知ることができます。

評判が良い業者は、信頼性が高いと言えます。

見積もりを依頼する

複数の業者から見積もりを依頼し、価格やサービス内容を比較することで、適切な業者を選ぶことができます。

ただし、見積もりのみで業者を選ぶのは危険です。

上記のポイントを踏まえて、適切な業者を選びましょう。

まとめ

家の解体工事を行う作業員

家の解体工事は、専門的な知識や技術が必要な作業です。

また、解体に伴うトラブルや問題も多いため、適切な業者選びが非常に重要です。

事前に必要な手続きや費用、業者選びのポイントを確認し、スムーズな解体工事を進めましょう。

市川工業の活動履歴

日々の活動を発信中♪

今日のツイート

お問い合わせ履歴

  • 2024.05.15 妙高市広島
    空き家解体のご相談
  • 2024.05.14 妙高市猿橋
    解体見積のご依頼
  • 2024.05.13 妙高市石塚町
    空き家・車庫解体のご相談
  • 2024.05.10 妙高市関川町
    空き家解体のご相談
  • 2024.05.09 上越市牧区柳島
    空き家解体のご相談
  • 2024.04.19 妙高市上中村新田
    納屋解体のご相談
  • 2024.04.17 妙高市川上
    解体見積のご依頼
  • 2024.04.12 上越市中郷区藤沢
    解体見積のご依頼

対応地域一覧

当社の解体工事の対応地域をご案内します

  • 上越地方
  • 上越市
  • 妙高市
  • 糸魚川市
  • 県外
  • 長野県北部

ご相談/お問い合わせ

お問い合わせ

費用のこと、手続きのこと、解体後の土地のことどんな小さなことでも構いません。
お気軽にお問い合わせください。しつこい営業は一切ありません。

お電話からのご相談
0120-584-850受付:午前9時〜午後17時(平日)

番号をタップする電話がつながります

メールフォームからお問い合わせ
お問い合わせメールで問い合わせ
電話 メール